住宅ローンと生命保険関係あるの?

住宅ローンを組むにはまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。
銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方に大変人気の住宅ローンです。
住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えている方も多いでしょう。
借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。
借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。
ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。
なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。
無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。
借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

生命保険は「貯蓄型」「掛け捨て型」どっちがいいの?【賢い選び方】