住宅ローンを増額するには?

住宅ローンの融資額は申込者の収入によって決まります。
したがって収入が多い人ほど融資額は大きくなりますから、申込者本人だけの収入では希望する額に満たない場合は安定した収入のある配偶者や親などのものを合算するといいでしょう。
これを収入合算と呼びます。
この収入合算は金融機関によって扱い方が異なりますが、民間金融機関では親族のうち1人だけの収入の2分の1を合算できるところが多いようです。
こうした収入合算には次のようなメリットがあります。
<収入合算のメリット>例えば若くて収入が少ない場合や、申込時の年齢が高く返済期間が短くなるような場合は配偶者や子どもなどの収入を加えて共有名義にすれば借入額を増額したり、返済期間を長くしたりすることが可能になります。